照射法、線量 注記
膠芽腫 Glioblastoma 退形性星細胞腫 Anaplastic astrocystoma   悪性神経膠腫(Grade3,4):術後照射+TMZ 線量計算は不均質補正を行わない。 線量: Total 60Gy/30fr.(拡大局所 50Gy/25fr.+boost 10Gy/5fr.) 初回 CTV1=(「遺残腫瘍」+「摘出腔」+「術前MRI T2WI高信号」)+1.5cm PTV1=CTV1+0.5cm50Gy/25fr./5weeks 2Gy/fr. boost:CTV2=「遺残腫瘍」+「摘出腔」+「術前MRI T2WI高信号」 PTV2=CTV2+0.5cm10Gy/5fr./1week 2Gy/fr. **75歳以上の高齢者の場合:PTV1に45Gy/15Fr,boostなし 脳幹部の場合は、conventionalは54Gy、HFでも54Gyを原則
  Glioma(Grade3&4) CSF播種 36Gy/18fx over WB and/or WSGTVにはTotal 46Gyまで脊髄以外にはTotal 50Gyまで  
  悪性脳腫瘍再照射  36Gy/9fr. (4Gy/fr.)  通常法又はSRTCTV=GTV(浮腫含めず)
星細胞腫 Low grade astrocytoma Oligodendroglioma   原則50Gy/25fxとする(H19.7~) CTV=「遺残腫瘍(脳外相談)」+「摘出腔」 PTV=CTV+0.5cm Grade Iで完全切除は照射しない Oligoは化療(PAV)併用
Gliomatosis cerebri   脳39.6Gy/22fr.+局所14.4Gy/8fr.  (1.8Gy/fr.) 局所:GliomaPTV2 全脳照射の意義に関してはまだ不明
髄芽腫 Medulloblastoma   4歳未満 Total 51.2Gy/32fr. 4歳以上高リスク群CSI 24Gy/16fr. +局所 27.2Gy/17fr. 低リスク群CSI 18Gy/12fr. +局所 32Gy/20fr. JPBTC studyに準拠全脳全脊髄のCTVはくも膜下腔とし,脊柱管ではない
上衣腫 Ependymoma dissemination(-) 局所 54Gy/30fr. (1.8Gy/fr.) marginは暫定的に準ずる
  dissemination(+) 全脳全脊髄 36Gy/20fr. +局所 18Gy/10fr.  全脳全脊髄のCTVはくも膜下腔とし,脊柱管ではない
下垂体部腫瘍 Pituitary adenoma   局所50Gyadenomaはgiant adenoma(径3cm以上)の場合、術後放射線照射の適応となる。  
頭蓋咽頭腫 Craniopharyngioma   局所50Gy  
聴神経腫瘍 Acoustic tumor 聴力温存なし聴力温存あり SRT 24Gy/3fr. (8Gyx3)局所50Gy/25fr.  
髄膜腫 Meningioma   GradeI/II, 下記以外 50Gy/25fr. Atypical or Anaplastic 60Gy/30fr. SRT: 30Gy/5fr. (6Gy/fr.) 総線量は照射部位の耐容線量に応じて調節。 Atypical/Anaplasticは最低でも50Gy以上を推奨。 SRTは暫定線量
胚細胞性腫瘍 Germ cell tumor Pure germinoma chemo.後 全脳室24Gy /12fr. chemo.なし 局所20Gy/10fr. +全脳室24Gy/12fr.  JCNSGCT phase II studyに当面準じる。
  the other poor prognosis group chemo.後 全脳室30Gy /15fr. 全脳30Gy/15fr.+局所30Gy/15fr. 全脊髄24Gy/12fr. (chemo併用) poor prognosis groupはspinal disseminationに関わらずWB+WS (脳外科との取り決め)
Pituitary adenoma   50Gy/25fr  
転移性腫瘍 Brain metastasis 3個以下: SRT small size and small number SRT通常:30Gy/3fr. (10Gy/fr.)(連日) SRT 腎癌:33Gy/3fr. (11Gy/fr.)(連日) SRT(脳幹等近いとき)36Gy/6fr.(6Gy/fr.)(連日) SRT(再照射)42Gy/7Fr(6Gy/fr.) JCOGトライアル: 転移性脳腫瘍:4個以下、最大3cm以上、PS0-3 (JCOG0504:線量計算は不均質補正を行わない。) A群:切除+全脳照射 B群:切除+定位照射  A群・ 全脳照射X-10MV 対向二門37.5Gy/15fx/3wks 2.5Gy/fx *小細胞癌で単発脳転移全摘出後の場合(肺癌のみならず食道・膀胱・子宮も含む)体幹部が制御されていればCRとして全脳照射はPCIに準じた線量分割とする

SRT: MRI-GdT1と フュージョン GTV=GTV CTV=0mm(適宜) PTV=2mm(適宜) Leaf Margin 2mm(適宜) Prescription: D95

 

腫瘍サイズが大きく、正常脳のV23.1(Gy)が高い(例 7.0cc以上)場合、36Gy/6frなどへの変更を検討

  多発脳転移 3~4個以上 通常多発性脳転移: 全脳照射 37.5Gy/15fr. 少数限局ならブースト考慮 RPA classIIIは短期照射20Gy/5fr. 主治医判断で全身状態に合わせて30Gy/10fr.選択可.
Central Neurocytoma Adult Child(≦18y) ・Typical (MIB-1 ≦3%): 50Gy/25fr. ・Atypical (MIB-1 >3%): 56Gy/28fr. 小児照射適応:残存のあるAtypical type、 又は非照射再発例 → 50Gy/25fr. 上記以外: 照射無し経過観察 照射野は局所のみ GTV=腫瘍or腫瘍床 CTV=GTV+5mm PTV=CTV+5mm 危険部位は耐容線量で適宜カット
中枢神経リンパ腫 CNS lymphoma   - 血液 - 参照  
トルコ鞍周囲鞍上部腫瘍   最大 50.4Gy/28fr. まで。 (1.8Gy/fr.推奨) 視交叉を含む場合 2Gy/fr. を超える一回線量は推奨されない。
SRT boost 再照射含めて 一律6Gyx4fx  
動静脈奇形 AVM   SRT以外のevidence少ない閉塞のα/β=10との報告もある。  
脊髄腫瘍 術後、根治含め 原則44Gy/22fr.(悪性腫瘍は線量増許容)  
軟部肉腫 Sarcoma 頭蓋底または頭蓋周囲 通常分割照射 60Gy/30fr. SRT可能症例 30Gy/3fr. 重粒子線治療第一選択