良性疾患

照射法、線量 注記
AVM 40Gy/20fx/4w or 24Gy/3fx/1w/SRT???
ケロイド 切除直後に20Gy/5fr. 電子線+ボーラス
血管腫 骨血管腫36Gy/18fx(GTVに絞って)
Kasabach-Meritt 標準的には6-12Gy/3-6fx程度
眼Pseudotumor 2Gy/回で20Gy、follow
眼球突出(甲状腺機能亢進症) 2Gy/回で20Gy、外眼筋肥厚型で発症12カ月以内のものが有効。脂肪組織増加型は無効。
黄斑部変性 黄斑部いれて20Gy/cfx
移植腎 拒絶反応予防:4.5Gy/3Fr(連日or隔日は未確定,暫定にて土日挟まないように連日) ITV margin:頭尾側2cm,他1.5cm
血液製剤 Immunocomponent cell (ICC=リンパ球) 不活化目的;15~30Gy (20Gy)1回照射する
子宮内膜症
(出血コントロール)
子宮+付属器含み 20Gy/10fr. 効果薄ければ 子宮内膜に 10Gy/5fr.追加
血小板減少 ITPなど 脾臓に10Gy/5-10fx