消化器

照射法、線量 注記
食道癌 切除可能根治 サルベージ手術前提なら 50Gy/25fr.+同時化療(standardCDDP+5-FUを2クール).40Gyでboost。 維持化療なし救済手術前提(1ヶ月で遺残なら手術)照射単独 66Gy/33fr.(外来通院)可能なら最初から4門 照射野N0:GTV中心、LN予防域なしN+:2領域LN(ボタロー含まず)
非切除 60Gy/30fr.+CDDP+5-FU照射野はGTV中心で予防LNへの照射なし.40Gyでboost
再照射 60Gy/50fr.HF (1.2Gy/fr.) 適応は間隔>8mo,効果PR以上、deep ulcer (-)
高齢者根治CRT (60Gy/cfx+CDGP30mg/㎡+TXT10mg/㎡ ) T1-3N0-1高齢者(Age80≦85)東北大高齢者食道癌プロトコールに準ず
術後再発 local 60Gy/30fr.+CDDP/5-FU full dose 再建胃管は60Gy/30fr.まで
表在癌 CRT 60Gy/30fr. 照射野局所照射単独 66Gy/33fr.照射野局所 又はJASTROガイドラインに準ずる JROSG05-3
膵癌 IORT 電子線による術中照射25Gy        腸管が入るときは20Gyに減量
EXRT CRT 50.4Gy/28fr.              照射単独拡大局所 39.6Gy/22fr. +boost 19.8Gy/11fr.Total 59.4Gy/33fr. GEM併用を基本
胆道系癌 CRT 50.4Gy/28fr.              照射単独拡大局所 39.6Gy/22fr. +boost 19.8Gy/11fr.Total 59.4Gy/33fr. CDDP+5Fuを基本GEM併用もありか.
直腸癌 術前 small pelvis 30Gy/AHF
術後 予防照射 RT単独: 全骨盤 50Gy/25fr.CRT: 全骨盤 45Gy/25fr.
術後遺残・再発 ミクロ遺残RT単独: 全骨盤 50Gy/25fr.+局所10Gy/5fr.  Total 60Gy/30fr.CRT: 全骨盤 45Gy/25fr.+局所 9Gy/5fr.  Total 54Gy/30fr.マクロ遺残・再発

RT単独: 全骨盤 50Gy/25fr.+局所 16Gy/8fr.  Total 66Gy/33fr.

CRT: 全骨盤 45Gy/25fr.+局所 14.4Gy/8fr.  Total 59.4Gy/33fr.

Bulkyな場合は線量追加検討.

(Trial 60Gy/30fx GTV onlyに .RT+TS-1 phaseI )
根治照射(原則手術を推奨. 手術拒否,不能例など) CRT: 全骨盤 45Gy/25fr.+局所 14.4Gy/8fr.  Total: 59.4Gy/33fr.RT単独:全骨盤 50Gy/25fr. +局所 16Gy/8fr. 化学療法はFOLFOX/FOLFILI併用 放射線照射同時にXeloda(825mg/m2)月曜~金曜(土日内服無)
肛門管 初回予防域含め36Gy/20fr. 1.8Gy/fr.その後局所追加 23.4Gy/13fr.Total 59.4Gy/33fr. JROSG プロトコル参照
肝癌 45Gy/15fr. あるいは 50Gy/25fr. 適宜肝予備能、腫瘍サイズ、数により 局所制御を狙う場合は60Gy/20fr.など考慮。 原則呼吸同期使用. 肝V12.5<75%,V25<50%,V37.5<25%腎V20<30%
肝SRT 48Gy/6fr.(隔日) NTCP5% V50<20%,V35<40%,V25<80%D20<54Gy,D25<45Gy,D30<40Gy,D40<35Gy,Mean Dose<22Gy消化管(食道,胃,十二指腸,小腸)0.5cc<30Gy,脊髄<27Gy,心臓<40Gy,腎臓mean<12Gy適応はChild-Pugh A,Plt >8万,残肝体積>800cc
門脈腫瘍栓 上記同様、45Gy/15fr. 又は 50Gy/25fr.線量は最大60Gyまで。予後、肝予備能、根治性に応じて。 可能ならSRTも検討(通常照射と差なし)