小児

照射法、線量 注記
白血病 予防的全脳
AML
1歳未満 12 Gy
1歳以上2歳未満 15 Gy
2歳以上 18 Gy
ALL
1 歳未満 12 Gy
1 歳以上 18 Gy
中枢神経再発 ALL
一般 24 Gy
2歳以下 19.2 Gy
Whole spine 14 Gy
AML
2歳未満 20 Gy
2歳以上3歳未満 24 Gy
3歳以上 30 Gy
髄外再発
睾丸 前1門、X線
24-25Gy (10Gy程度でもpalliationに)
唾液腺
側方1門、X線 24-25Gy (10Gy程度でもpalliationに)
腎臓
1側 15Gy以下
両側 6-10Gy以下
化療が主
神経芽腫 Stage IやIIで完全切除例では照射不要
年齢に応じたDose (optimalは未定)
Age Macro Micro
0-12mo. 9-12 Gy –
13-30mo. 24 Gy 18 Gy
31-48mo. 30 Gy 24 Gy
> 48mo. 36 Gy 30GyDose prescription guidelines Mallinckrodt Institute of Radiology術中照射の有効性もいわれている.
10-15Gy
新生児肝転移(Stage IVS)は緊急照射 5Gy程度
治癒より肝破裂防止、自然退縮多い
Wilms腫瘍 NWTS-5に準ずる NWTS (National Wilms’ Tumor Study Group)に準じた治療を行う.
NTWS-5では予後の良好なものには照射なし、それ以外は10Gy(+boost)をrecommendしている。
照射は術後9日以内!
横紋筋肉腫 小児腫瘍としては大線量(40-50Gy)が照射されることが多いが、適応その他は確立されているとは言えない。Perez CA et al. Principle and practice of radiation oncology 3rd ed. Micro 40-41.4 Gy Macro 50.4-55.8 Gy 可能な限りJRSGに準ずる
Aplastic anemia TAI(頭部~眼窩、膝関節より遠位外す)2Gyx2/日
blast+は白血病に準じたTBI
小児科と合意(H20.5)